★ア式蹴球部女子から重要なお知らせ★
HPがリニューアルされております。
新しいHPは下記アドレスです↓
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ajyoajyo/index.html
今後は上記のアドレスをご利用ください。

旧HPが表示されたままですが、サーバーの都合により削除できません。
混乱を招き、大変申し訳ありません。

今後ともア式蹴球部女子をよろしくお願いいたします。

2010年01月08日

第18回全日本大学女子サッカー選手権大会

<第18回全日本大学女子サッカー選手権大会決勝>
決勝                              
1月6日(水) 対 神奈川大学
@国立競技場                               
11:30キックオフ 45分ハーフ
早稲田大 2(2−0,0−1)1 神奈川大学
得点者:原、有町
交代:59分有町→大滝、82分臼井→菅藤、86分鶴田→島田、89分今井→谷本、89分原→八木
メンバー紹介:
  原   有町
    小山
小野      杉山
    今井
臼井 高畑 大脇 鶴田
    鈴木


ダイナミックなサッカーでミドルシュートを狙え!パス&ムーヴ&サイドチェンジ!
早稲田のストロングポイントを発揮!!
蹴ってくる相手には、蹴らせるな!前線からの速いプレッシャーと、個で競り勝つことで、
相手のサッカーをさせなかった。

国立競技場で平常心でやるのは難しかったが、開始15分ほどで日頃の自分たちのサッカーを
出せるようになってきた。はじめは、同サイドばかりで攻めようとしていたが、
ダイレクトプレーでサイドチェンジとDFの裏へのパスが通るようになった。

前半26分、小野が右サイドの裏のスペースへ浮き球を出し、受けた有町がドリブルで
ゴールへ切り込み、走りこんだ原の頭に合わせた。3年生の連携プレーにより待望の先制点を獲得した。
その後しばらく、何度もチャンスを作り、攻め続けたが、38分にピンチを迎えるとなかなかボールを落ち着かせられない。
一時、苦しい時間帯だったが、40分、やっと前線へパスがつながると、有町が得意のドリブルで
相手を交わし、ミドルシュートを決めた。2点リードで前半を終えた。

後半、油断はするな、最低もう1点!と声を掛け合い入って行った。
しかし、優勝を意識してしまったのか、後半はあまり自分たちのサッカーができなかった。
後半28分、クリアしようとしたボールが味方に当たり、こぼれたボールを拾われ、失点。
だんだん動きが固くなり、多少混乱している選手もいた。しかし、ピッチ内の選手だけでなく、
ベンチやスタンドから一緒に戦っている選手・スタッフ全員の勝利への熱い想いは一つとなっていた。
90分間戦い抜くことができ、見事優勝を果たした。最高の嬉し涙だった。長岡監督を胴上げできてよかった。



更新が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
posted by ajyo at 00:05| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。